「クラウドコンピューティング」は、IT業界における特定の事業分野や、特定事業者の成否の問題ではない。しかし、例えばオンラインストレージやWebメールなど今はクラウドサービスと呼ばれるサービスもそれ以前から存在していました。クラウドコンピューティングを提供するのは、必ずしも事業者でなくてもいい。クラウドコンピューティングという言葉自体は、2006年8月にGoogleのCEOであるエリック・シュミット氏が言及したのが最初と言われています。企業の情報システム部門や情報子会社であってもかまわない。最近、「プライベートクラウド」と呼ばれるようになってきたのは、大まかにはこうした動きを指している。
つまりクラウドサービスとはそれまでになかった新しいサービスという訳ではなく、従来からあったネットワーク上で提供されるサービスの総称といえます。 だれが提供者となるにしろ、「利用者が、利用したいものを、利用したいだけ、利用するということに専念できるようなIT消費スタイル」が実現されるためには、面倒なITインフラの構築や設定、運用などの部分を、何らかの形で提供者が利用者から隠ぺいできなければならない。