ネットワークを図で示す際によく使われるクラウド(雲)。これが語源とし、ネットワーク上のどこかにある情報、データなどのリソースにどこにあるかという意識をすることなく、アクセスできる環境、利用スタイルをクラウドコンピューティングと言います。
そしてそれを利用し提供されるサービスをクラウドサービスと呼びます。今、ネット上でとてもよく目にするこのクラウドサービスとは一体どういったものなのでしょう?
「クラウド」「クラウドコンピューティング」「クラウドサービス」。2009年のIT流行語大賞ともいえる言葉だ。おそらく2010年も引き続きIT業界最大の流行語となるだろう。その後どうなるのかはまったく予想がつかない。より細分化された製品やサービスを表現する、新たな言葉が登場することによって、「クラウド」という言葉自体を人々が口に出すことは徐々に減ってくるのかもしれない。クラウドという言葉が徐々に使われなくなっていくとしても、今後の多くのITインフラにおける暗黙の前提となるのは間違いない。